お役立ち

リビング階段を吹き抜けにする間取りはどう?メリット&デメリットをまとめて解説!

 

階段を設置する場所ですがどこがいいと思いますか?

リビングに階段を設けて吹き抜けにする間取りが流行っているようです。

今回は、リビング階段のメリットとデメリットについてご案内します。

 

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

そもそも、リビング階段って必要?特徴は?

リビング階段の一番の特徴は、リビングを通らなければ2階に上がれないという点にあります。このことにより家族同士がコミュニケーションを取る機会が増えるみたいですね。

玄関のそばに階段を設けた場合は家族がいつ帰ってきたのか分かりませんから、リビングにあった方が声をかけやすくていいかもしれません。

リビング階段と吹き抜けがセットのような作りになっているのは、家の中に光が入らない場合です。吹き抜けにすることでリビングを明るくすることができます。リビングが狭い場合なども階段や吹き抜けを作るとその分だけ面積が広く感じられます。

限られた床面積を有効活用するという点でも、リビング階段に注目が集まっています。

リビング階段は吹き抜けがおすすめ!メリット&デメリットも紹介!

リビング階段を設ける際に、構造的に吹き抜けになってしまう可能性があります。階段があるとリビングが狭くなってしまうために、吹き抜けにして開放感を出すというのが目的です。

リビング階段のメリットとデメリットについてご説明します。

メリット

家族間のコミュニケーションが取りやすい!

階段を上がる際に家族間で声をかけやすくなります。

ほかの家族がリビングでどんな過ごし方をしているのかが目に入ります。

 

明るい光が差し込む

吹き抜けにすると上から太陽光が差し込むことになり、リビングが明るく感じられるようになります。

狭いリビングでも吹き抜けとセットにすることで開放感が出せるでしょう。

デメリット

真冬が寒い

暖かい空気は2階に上がりますから、夏は涼しくても真冬が寒くなります。

温度調整をするために電気代が上がるというデメリットが発生しそうです。

生活音が響きやすい

吹き抜けにすると生活音が2階まで響いてしまう恐れがあります。

リビングで見ているテレビの音が、家全体に聞こえるようなことが起こるかもしれません。

リビング階段を吹き抜けにする間取りをご紹介!

リビング階段を吹き抜けにする理由ですが、階段というのは場所を取ります。リビングをできるだけ広く見せるために、施行業者は吹き抜けにするなどして階段を目立たなくする工夫を行っているようです。

一体感のあるリビング階段

出典:株式会社はなおか

階段の色と壁の色を統一することで圧迫感がなくなります。さらに階段の部分にマガジン収納を設けて、デッドスペースを活かす工夫をしています。

視界のじゃまになりにくい、オシャレなスケルトン階段

出典:創建住販

オシャレなデザインの階段としてスケルトン階段を選択するご家庭が増えている様子です。

圧迫感がないスケルトン階段は、階段の向こう側が見えるように工夫されています。視界のじゃまになりにくくリビングに光が届きやすくなるでしょう。

リビング階段と吹き抜けには寒さ対策が必要!?

床暖房やカーテンなどを利用して寒さをしのぐようにする

明かりを取り入れることができて夏に涼しいリビング階段と吹き抜けですが、冬に寒いという特徴があります。

リビング階段を設けて吹き抜けにするには真冬の寒さ対策が必要になります。

パネルでふさぐ

吹き抜けを冬の間だけパネルでふさぐという方法があります。1階で暖まった空気を上の階に逃さない方法です。

夏になったら取り除けばいいので、お手軽ではないでしょうか?

窓を二重にする

室内の暖かい空気が逃げる原因の多くは窓にあると言われています。また窓からは冷たい外気も入ってきます。窓の部分にすき間があるとそこから家の中にすき間風が入ってきます。

窓を二重にしたり厚手のカーテンを利用することで寒さ対策になるでしょう。

床暖房を付ける

冷たい空気は上の方に逃げるため、足元が冷たくなりがちです。床暖房にしたり電気カーペットなどで足元を暖めることによって快適に過ごせるようになります。

ポジティブに考えれば上の階は暖かく過ごせますから、夏と冬で過ごす場所を変える工夫をしてみてください。

断熱をしっかり行う

家の断熱がしっかり行われていれば、リビング階段や吹き抜けがあったとしてもそこまで寒くはならないと言われています。

リビング階段や吹き抜けを作る際には、断熱性能の高い家を建てることが大切です。

断熱施行に実績のありそうなハウスメーカーに依頼しましょう。

まとめ

吹き抜けを作ることなくリビング階段を設けることもできますけど、吹き抜けがあるだけでずいぶんオシャレな空間となるようです。

しかし吹き抜けを作る際に十分な寒さ対策を行っておかないと、夏場は良くても冬に寒くて苦労することになります。窓を二重にしたり床暖房を付けることで快適に過ごせます。

リビング階段を作ることで、家族間のコミュニケーションが良くなったという声も聞きます。「最近、家族の顔を見る機会が減った…」と思うご家庭は、リビングに階段を設置してみてはいかがでしょう?

 

希望の予算や条件を元にオリジナルの間取り図を無料で作成するサービスが登場です。

詳しくは↓をご覧ください!

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

↓ポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

-お役立ち
-,

Copyright© イエマドリ , 2020 All Rights Reserved.