お役立ち

【一流】アイランドキッチンの間取りを考えよう!気を付けたいポイントもチェック!

アイランドキッチンとは「アイランド(島)」のようなレイアウトをしたキッチンを言います。

壁式のキッチンに比べて開放感があり、お子さんなどと一緒に複数で料理をしやすくなる人気のキッチン形態です。

使いやすいアイランドキッチンの間取りや気を付けたいポイントについてご案内します。

 

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

アイランドキッチンが大人気!?どんな特徴があるの?

アイランドキッチンは、壁際にキッチンが固定されているのに比べると、十分に調理スペースを取ることができ動きやすいようです。

アイランドキッチンのメリットとデメリットについて比較してみましょう。

アイランドキッチンのメリット

料理が作りやすい

アイランドキッチンは、周囲に十分なスペースが取れることから調理しやすいというメリットがあります。

壁際に設置されたキッチンの場合、お子さんなどと横並びで調理することになりますが、アイランドキッチンなら複数で料理する場合に対面で作ることができます。

コミュニケーションが取りやすい

対面で料理することのできるアイランドキッチンは、コミュニケーションが取りやすいという特徴があります。

お子さんなどと向かい合わせで会話しながら料理を作ることができ、一人一人の調理スペースを十分に確保できます。

 

ダイニングを見渡せる

アイランドキッチンのそばにダイニングを設けることで、事する人の顔を見ながら料理を作ることが可能になります。

ご家族と会話しながら料理作りをしたり、出来立ての料理をすぐテーブルに配ったりするのにも便利でしょう。

アイランドキッチンのデメリット

料理中のニオイが充満する

アイランドキッチンにはダイニングが近いというメリットがありますが、ニオイが広がりやすいデメリットもあるようです。

料理を作る際に換気をしっかり行わないと、家族からニオイに関するクレームを受けることになります。

 

キッチンが丸見えになる

おしゃれなアイランドキッチンはとても魅力的ですけど、常にキレイにしておく努力が必要です。

料理中の動きが家族に注目されやすくなりますから、洗いものを溜めておくことなどができにくくなるかもしれません。

 

価格が高い

アイランドキッチンを作るには広いスペースが必要になり、壁式のキッチンに比べて価格が高い傾向にあります。

ニオイが広がりやすいために換気の設備なども、従来の壁式のキッチンに比べるとしっかりお金をかける必要があるでしょう。

アイランドキッチンの間取りで気を付けたいこと!ポイントを紹介!

アイランドキッチンの間取りで気を付けたいことがあります。

ダイニングの位置を慎重に!

アイランドキッチンとダイニングの位置ですが、テーブルをキッチンの横付けにするか、対面式にするかで必要になるスペースが違ってきます。

ご家族の人数などによってテーブルの大きさなどが異なってきますけど、一般的に対面式にした方が広いスペースが必要になるようです。

最近はリビングとダイニングキッチンを一緒にした間取りが増えています。キッチンのスペースに余裕がある場合は、対面式で置ける場合があるでしょう。

キッチンスペースは余裕をもって!

キッチンのスペースは、家全体の間取りがどうなっているかに関わっています。

家全体の間取りを決めてからだとキッチンのスペースに余裕がなくなりますから、間取りを決める際にキッチンについても考えるようにした方が良さそうです。

アイランドキッチンの収納部分

壁式のキッチンの場合は、頭上に収納部分を設けることができますけど、アイランドキッチンは収納スペースが足りなくなりがちです。

収納部分が少ないと料理を作る際に不便ですから、引き出しや戸棚の多いタイプのものを購入されることをおすすめします。

オシャレ過ぎ!アイランドキッチンの間取りをご紹介!

一口にアイランドキッチンと言っても、どんな間取りにするかは自由です。

間取りのタイプは「リビング・ダイニング・キッチン」に分かれます。

【平屋のリビング・ダイニング・キッチン】

最近増えてきているのが、平屋で「リビング・ダイニング・キッチン」を一緒にする間取りです。

家族が一ヶ所に集まりやすく、光熱費などもかかりにくくなることから省エネにもなるでしょう。

【ダイニング&キッチン】

リビングは別の部屋に設けてキッチンとダイニングをまとめて作る場合です。

食事をする部屋と家族でくつろぐ部屋を分けたい場合は、このような間取りになりそうです。

【キッチンから中庭へ】

キッチンを中庭につなげることも可能です。

中庭でバーベキューなどをしたいご家庭は、キッチンと中庭をつなぐことで料理が運びやすくなるでしょう。

 

間取りだけじゃない!アイランドキッチンのレイアウトもしっかり考えよう

アイランドキッチンのレイアウトをする際に大切なことは、料理の流れについて考えることです。

冷蔵庫や食器棚の位置や通路の幅、キッチンの高さなどに配慮が必要です。

冷蔵庫や食器棚の位置

冷蔵庫や食器棚をアイランドキッチンの右後方に設置するか、左後方に設置するかで料理の流れが違ってきます。これらを食材や食器の取りやすい位置に置く必要があります。

また冷蔵庫のドアがどちら側に開くのかを確認し、食器棚と左右のスペースにゆとりをもって置くようにしましょう。

通路の幅

キッチンの通路の幅は、使う人の体格を考えて十分な作業スペースを取った上で決まります。

冷蔵庫や食器棚から近い方が使い勝手は良くなりますが、キッチン全体のスペースなどもあることから通路の幅を広く取れない場合もありそうです。

キッチンの高さ

キッチンの高さは、調理する人の身長に合わせて決まります。背の高さを考えて作らないと腰痛などの原因になることもあります。

シンクの大きさや水道の蛇口の位置なども使う人の手の長さなどが関係してきますから、設計時に相談してください。

まとめ

キッチンの中のどの場所にアイランドキッチンを配置するかが重要な判断となります。適当な位置に置くとキッチンが使いにくくなってしまいます。

キッチンを利用する人の体格や通路の幅などに配慮して、使いやすいところにアイランドキッチンを配置するようにしましょう。

アイランドキッチンにすることによって、家族間のコミュニケーションが増える場合もあるようです。キッチン内の動線を十分に考えた上で、アイランドキッチンの最適な位置を決めてください。

 

希望の予算や条件を元にオリジナルの間取り図を無料で作成するサービスが登場です。

詳しくは↓をご覧ください!

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

↓ポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

-お役立ち
-

Copyright© イエマドリ , 2020 All Rights Reserved.