平屋の間取り

平屋|ゆったり使える50坪で間取りプランを考えよう!老後も快適生活を送ろう

 

比較してゆったり過ごすことができる平屋住宅とはどんな感じなのかしっかり見てみましょう。

50坪の広さならみなさんのプランを全部ここに実現することができるのではないでしょうか。

ただし中には広さを持て余してしまうこともあるので、スペースに対して念入りにプランを家族みんなで考える必要があります。

果たして50坪の間取りはみなさんの理想を叶えてくれるのでしょうか。ここでも少しだけアドバイスをしましょう。

 

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

平屋の間取りを50坪で考える!大きさや特徴はどんな感じなの?

50坪平屋は基本的になんでも実現可能でしょう。逆に広すぎて何をどうしていいか分からないという方々もいらっしゃるかもしれません。

このような人たちのために、50坪平屋作りのポイントを言えば

・寝室やバスルームが2つといった贅沢仕様
・家族の行動も他人のことも気にする必要がなく、スムーズなライフスタイル
・リビングを20畳以上の広さにする
・リラックススペースを造る

などのかなり贅沢な家作りをすることが出来ます。

パーキングもおしゃれに

車好きならガレージハウスの平屋というのもいいでしょう。

広大な土地を活かして趣味のスペースを作ることができるのも大きな特徴と言っていいでしょう。

・コンクリート調でシンプルなデザイン
・レンガ調の壁でレトロな雰囲気
・暖色のライトアップでおしゃれな感じ

といった、いろいろな贅沢アイデアを楽しみながら実現してください。

快適な生活を送るために

ただし、冷暖房の効率が落ちない設計にするという考慮も、広いがゆえにしなければならないポイントです。

このあたりの問題を抜きにして家作りのプランと向きあわないようにしてください。ライフスタイルをイメージして空間を有効活用出来るプランを考えてみましょう。

例えば

・休日はどう過ごしたいか?
・平日は帰宅してから何をするのか?

などを考えてプランを立てていけば、よりみなさんの生活に密着出来る家作りが出来るはずです。

ポイントをまとめよう

様々な業者に依頼をして慎重に見積もりなどしていらっしゃる方々も多いでしょう。

50坪の平屋の家作りをする上で考えていかなければならないのは、その家族にとって最優先にしなければならない事項を整理することです。

 

平屋|50坪の家のおよその価格は?

土地坪はまず価格を比較する上で重要なモノサシになります。ただし坪単価とは曖昧なモノサシとも言うことができます。

坪単価とは?

家電や車を購入するという場合、単純に価格を比較すれば一目瞭然なのですが、坪単価というものは、条件によって左右されてしまう要素を持っています。なかなか簡単には比較も出来ないのではないでしょうか。

同じハウスメーカーで同じ建物のプランで比較してみても、土地や土地の条件などで価格は大きく変動してしまうものです。

価格というものは、ひとつの物件に対してはひとつの価格として存在しないと考えてみてはいかがでしょうか。

ハウスメーカーごとの坪単価

みなさんにとって広い家はそれだけで高いイメージがあるのかもしれませんが、条件によって価格が変わるということは、広さの割には価格が安いものを手に入れることも充分可能ということです。

ハウスメーカー 坪単価 50坪 ハウスメーカー 坪単価 50坪
アイダ設計 25~30万円 1,250~1,500万円 積水ハウス 58~80万円 2,900~4,100万円
アイフルホーム 25~45万円 1,250~2,250万円 トヨタホーム 60~71万円 3,000~3,550万円
住友不動産 25~45万円 2,450~3,300万円 ダイワハウス 62~75万円 3,100~3,750万円
ロイヤルハウス 30~50万円 1,500~2,500万円 三井ホーム 62~79万円 3,100~3,950万円
ゼロキューブ 33~44万円 1,650~2,200万円 ミサワホーム 64~76万円 3,200~3,800万円
レオハウス 35~53万円 1,750~2,650万円 パナホーム 68~82万円 3,400~4,100万円
タマホーム 37~48万円 1,850~2,400万円 ヘーベルハウス 69~78万円 3,450~3,900万円
木下工務店 38~68万円 1,900~3,400万円 住友林業 70~82万円 3,500~4,100万円

いかがでしょうか。ハウスメーカーによって坪単価の相場が大きく違うことが分かります。

ハウスメーカーを選ぶポイントは

家作りのコツは、ただ費用で業者選びをするというのではなく、理想の家を建ててくれる業者かどうかを見極めることではないでしょうか。

そのためにも、みなさんが求めているこだわりは、しっかり業者に伝えることができるようにしましょう。

大体のことを言えば、坪単価は60~80万円あたりで3,000~4,000万円を目安にしておけば、5~6人家族にちょうど満たされた幸せいっぱいの家が実現出来るのではないでしょうか。

工務店で50坪の平屋を建てる場合は、だいたい相場は、29,000,000円あたり。

内訳は、

本体工事費・付帯工事費 27,040,000円
建築確認申請費 285,000円
長期優良住宅申請費 175,000円
工事管理諸経費 1,500,000円

こんな感じになります。

ポイント

住宅メーカーの価格や坪単価の目安をいくらみたところで、結局は希望の間取りや土地の広さなどにより異なります。

よりリアルな試算が欲しい場合は、タウンライフ家づくりを利用し見積もりを出してもらいましょう(無料)。

見積もりとあわせて、間取りプランや土地情報、カタログなどがもらえます。しかも1社だけでなく複数社のため比較できおすすめです。

【完全無料】見積もり×間取りなどもらう!

 

平屋の間取り|50坪~のおしゃれ&素敵な間取りをご紹介!

実際に魅力的な50坪以上の平屋作りをした方々の間取りを参考にしてみましょう。50坪以上だからこそ、それぞれの人たちの個性が大いに発揮出来るということも感じ取ることができますね。

平屋50坪の間取り

出典:協和ハウジング

50坪という大きな平屋の家です。夫婦2人暮らしということを考えると、とても贅沢な広さですね。リタイア後の長い年月を夫婦2人で暮らすことを考慮して、通路や収納などそれぞれを広く取って、安心して老後まで住み続けることができる間取りです。

長年のプランニングも全部ここに生かし切ることができ、住む人たちのこころまで見える思いです。

平屋50坪1ldkの間取り

出典:協和ハウジング

リゾートエリアにこんな平屋をセカンドハウスとして建てたということです。毎週末ここで大好きな家庭菜園などを楽しんでいらっしゃるということ。そこには優雅さを感じさせる家作りの間取りがあります。

平屋50坪4ldkの間取り

出典:協和ハウジング

平屋50坪4ldkの間取りなら、それぞれの家族たちのプライバシーもしっかり守ることができます。和のお部屋も洋のお部屋もあると、日本人にとってより居心地の良さは実現出来るでしょう。

キッチンを中心とした家事のスペースからリビングやダイニング、和室までが見渡せる間取りです。このような方法によって、家事をしながらでもお母さんは子供さんたちの様子を伺うことが出来るでしょう。

平屋50坪5ldkの間取り

出典:平屋間取りナビ

こんな作りなら充分平屋でも二世帯で住むことも出来るのではないでしょうか。会いたい時だけいつでも会うことができて、しっかり別々の暮らしを演出することができますよね。50坪だからこんなアイデアも実現することができます。しっかりお部屋も5ldkです!

平屋50坪6ldkの間取り

出典:平屋間取りナビ

50坪の平屋家作りだからこんな贅沢も堪能することができます。 これならみなさんの計画もスムーズに実現出来るのではないでしょうか。

平屋50坪南玄関の間取り

出典:協和ハウジング

できれば前のお家で使っていた愛着のある家具などを新しいお家にも置いて、生活感覚に途切れがないようにするのが新しい暮らしに慣れるコツではないでしょうか。ここではそんな平屋家作りが実現しました。

平屋50坪北玄関の間取り

出典:東仙ハウジング

50坪ではありませんが、
・間口×奥行 : 15.02m×10.47m
・設計部屋 : 4LDK+小屋裏
・延床面積 : 147.94㎡(44.75坪)
で、この程度のゆとりのあるお宅を実現することができました。

平屋50坪東玄関の間取り

出典:北洲ハウジング

離れのあるメリットを生かし、アトリエやスタジオなど平屋プランではなかなか手に入れることの出来ない、“一人になれる空間”を実現することができました。

平屋50坪西玄関の間取り

出典:北洲ハウジング

畳コーナーなど多目的に使えるスペースが充実しています。帰宅動線とお出かけ動線の中にしっかり収納についても考え抜かれ、何もかもに満たされたプランです。

 

ポイント

50坪の平屋はどんな間取りでも実現可能です。

とはいえ、好き勝手にあれこれ詰め込むとかえって住みにくい、後悔しやすい結果になりがちです。

50坪の平屋で理想の間取りを実現するためにも、プロに間取り図作成を依頼してみてはいかがでしょうか。

【完全無料】プロに間取り図作成を依頼する!

間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

50坪の平屋を建てる場合の基礎工法は?

基礎工法など考えると、平屋に対して賛否両論の声も聞こえて来ます。あえて平屋住宅を選択する理由はなんなのでしょうか。

平屋住宅のメリット

室内に階段がなく完全バリアフリーも実現することが出来るので、高齢化社会の日本においてとてもメリットが大きいです。

階段を作る必要がなければそのスペース空間をまた有意義に利用することができますよね。 上にお部屋を作らないということは、耐震性もさらにアップすることができます。

平屋住宅のデメリット

デメリットとしては、本来敷地の広さが必要になったりしますが、50坪の平屋を建てるつもりの方々は論外と言っていいでしょう。

他にも2階建てのものと比較して基礎や屋根の面積が増えるので、建物価格が高くなる傾向があります。

窓の重要性

家作りの間取りではあまり重要視されない窓についてもしっかり考えていかなければ、暗い部屋になってしまう可能性があります。平屋家作りの場合、 天窓を作って上から光を採ったりすれば、期待以上の明るいスペース空間を作ることができるのではないでしょうか。

基礎工事を理解しよう

基礎工法についてもある程度知識を持っておくようにしましょう。基礎が頑丈でなければ、建物のデキがどんなに良くても地震に耐えることができません。私達の日本において耐震性を抜きにして家作りは考えることができないはずです。

基礎構造はベタ基礎と布基礎があります。簡単に言うと、ベタ基礎は面で支えているのに対して、 布基礎は線で支えているイメージでしょうか。

ベタ基礎

ベタ基礎とは、建物の下を全体に鉄筋コンクリートを敷きつめ、1枚の板のようにして固めてしまう方法のことです。

一面にコンクリートを敷き床下防湿の役目を果たしているため、湿気に強い特徴があります。面の特徴としてさらに揺れにくくすることができ、 沈みにくい構造と言っていいでしょう。

ただし、コンクリートを一面使用してしまうことで基礎が重くなり、逆に地震の影響を受けてしまうことがあるかもしれません。

布基礎

布基礎は、建物の下方全体にではなく特定部分だけ鉄筋とコンクリートにより基礎を作る方法です。

布基礎の場合は、線の状態なので湿気が床下に溜ってしまうことも考える必要があります。湿気を防止する対策のために、面としてのコンクリートを打設するなど工夫している方々もいます。すると、費用が余計にかかってしまうことがあります。

線として存在しているため、地震に対しても、力を一部がまとめて受け止めてしまうことになり、変形してしまったりということがあります。しかし線状は、基礎の重みを軽くすることができ、地盤に対しては地震に対して強みを発揮してくれることでしょう。

平屋にはどちらがいいの?

ベタ基礎と布基礎のどちらがいいかという問題ですが、結局それはみなさんが建てたいと思っている家次第ということができます。

物が軽く基礎が多少重くなったとしても過度な負担にはならないのなら、ベタ基礎の方を推奨することでしょう。

まとめ

みなさんが50坪平屋を建てるうえで、しっかり基礎工法の部分まで注目しているでしょうか。あとあと後悔のない家作りをするためには、しっかり基礎まで見つめたプランニングが大事です。

素人の方々はなかなかこのような問題まで分からないことが多いので、専門家などからアドバイスを受けるのがいいでしょう。間取りとは基礎工法の上に成り立つものではないでしょうか。

 

希望の予算や条件を元にオリジナルの間取り図を無料で作成するサービスが登場です。

詳しくは↓をご覧ください!

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

↓ポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

-平屋の間取り
-

Copyright© イエマドリ , 2020 All Rights Reserved.