二世帯住宅の間取り

【おすすめ】二世帯住宅の間取りを30坪で考えよう!ポイント掴んでオシャレ空間に!

二世帯住宅とは、親と子の2世帯が同一棟に住みながらトイレや台所を別に設けるなどそれぞれの独立性を保つように設計された住宅を指します。

互いの資金を出し合って建てたり、補助制度を使うことでお得に家を建てられるメリットがあります。

ここでは

・二世帯住宅30坪にかかる費用や価格
・人気の間取り
・二世帯住宅を建てる際の注意点

など気になるポイントをご紹介します。

 

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

そもそも30坪って狭くない?二世帯住宅を建てることはできるの?

30坪というと少し狭く感じる場合があるかもしれません。

しかし30坪でも十分に生活することはできます。

二世帯とは言え、完全分離型であれば1世帯で30坪×2階にすれば決して狭いとは言えません。また3階建てにしてうち1階を共有スペースにし他2階を各世帯のプライベート空間にすれば、お互いの顔を見て生活しつつプライバシーも確保出来ます。

二世帯住宅の30坪にかかるおよその費用・価格は?

新築やリフォーム、中古などで費用は変わってきます。またその中でも二世帯住宅のリフォームは

・リフォームの方法(建て替えかリフォームかなど)
・どのような形の二世帯住宅にするのか

で費用は大きく異なってきます。

もちろん敷地や家の大きさで異なってきますが、30坪~40坪の一般的な家の場合

【完全共有型】
リフォームなら200~  800万円、建て替えなら2,000万円ほど
【部分共有型】
リフォームなら500~1,200万円、建て替えなら3,000万円ほど

で建てられるようです。

【おすすめ】二世帯住宅で人気な30坪の間取り10選

二世帯住宅30坪|完全分離の間取り

親世帯は南側、子世帯は西側の玄関をそれぞれ設けた完全分離型の間取り。建物内での行き来は、1階中央部のドアだけという完全分離型。近くにいる安心感を持ちつつ互いに気兼ねなく暮らしたいご家族にはピッタリのプランです。

二世帯住宅30坪|三階建ての間取り

出典:中鉢建設

こちらは古都鎌倉らしく黒墨塗りを施した重高感のあるお宅。外観からは二世帯の玄関ドアが並び、室内では収納たっぷりのシューズクロークで世帯分けしています。ドア一枚で孫も行き来が出来るような設計になっています。

1階親世帯のLDKは重高感のある落ち着いたダークカラーの木目調で統一。広々とした空間はLDKに仕切りがなく、夫婦二人で使いやすくし無駄な動線を無くしました。大きなリビングの窓からは出られるウッドデッキに鎌倉の空気を感じられます。

二世帯住宅30坪|東向きの間取り

こちらはミサワホームの2世帯住宅対応プラン。家の中心に階段を置き、浴室や玄関は共有する部分共有型の住宅です。

二世帯住宅30坪|完全共有の間取り

出典:リノベりす

こちらは木のぬくもりが心地よい縦割り2世帯から同居2世帯へのリノベーション事例。

西東京市にある築25年で120平米の縦割り2世帯住宅を同居型の二世帯住宅にリノベーションしました。元は親世帯と子世帯の分離型の住宅でしたが、壁を取り払ってお互いの顔が生活の中で見えるよう同居型にリノベーション。

二世帯住宅30坪|一部共有の間取り

出典:中鉢建設

二世帯共有の玄関は間口を広く取り、スムーズな出入りを可能に。大容量のシューズクロークで二世帯分の収納を確保し、生活感を感じさせないすっきりとした玄関を実現しています。

引き戸で空間を仕切ることが可能な1階親世帯向けのLDKは、白い壁に調和した深みのあるブラウンのフローリングでシックに。床に合わせたカーテン類のアースカラーが安心感をもたらし、落ち着きのある上品な空間に仕上げています。

二世帯住宅30坪|広々とした間取り

3階建てにしたことで1階ごとの間取りに余裕があり広々とした印象。
ダイニングにつづく和室にも広々とした広縁を設けており、贅沢な休日を過ごせそう。3階は子供部屋になっており、こちらもロフトを設け子供部屋ながら広々としています。

二世帯住宅30坪|5ldkの間取り

出典:COZY

玄関はひとつで1階と2階で親世代・子世代を分けたプラン。22坪ながら驚きの5LDKの間取りです。子世帯のスペースでも主寝室の他に4.5帖の個室があり、子供部屋の確保も出来ます。

二世帯住宅30坪|素敵な間取り

出典:リノベりす

将来、お母様と同居することを視野に入れ、築15年の二世帯住宅を購入されたそう。リビングのどこにいても公園の緑が眺められ、リゾート感を高めてくれます。

1階はお母様のお住まい、2階はご夫婦のスペース。2階のリビングは手狭だったため、隣の洋室との壁を取り払ってLDKの広いスペースを確保。どこにいてもくつろげるゆったりとした癒しの空間になっています。

二世帯住宅30坪|生活しやすい間取り

出典:リノベりす

実家の2階を子世帯家族が快適に暮らせるように再構築したそう。併せて住宅性能UPや二世帯交流にも配慮。

子世帯スペースは、間仕切り壁の撤去や移動などにより広いLDKを2階の中央に配し、左右に寝室や子ども室を振り分けた3LDKに変身。リビングの天井も取り外して縦にも広がるのびやかな空間に生まれ変わらせました。

二世帯住宅30坪|おしゃれな間取り

出典:リノベりす

実家の戸建て住宅を、孤立感も気兼ねもない素敵な二世帯住宅にリノベーション。親世帯は1階、子世帯は2階というゾーニングで玄関は共有。子ども部屋は親世帯スペースの1階に配置し、コミュニケーションを取りやすくしています。

母の居住スペースとなる1階は、将来の車椅子での生活も考慮して動線の短いワンルーム感覚の空間に。4方向から光が入る戸建てならではの明るさを生かし、白をきかせた爽やかな空間に。既存の内装を上手に使いながら、お気に入りのミッドセンチュリーや北欧のアイテムを散りばめて、バランスよくコーディネートしています。

後悔しない間取りをつくるならやっぱり分離型がおすすめ!

二世帯住宅で暮らす場合に最も大切なのは人間関係です。実家をリフォームして二世帯住宅にする場合は特に注意が必要です。

現時点での関係性に問題が無くても、いざ住み始めたら長い間一緒に暮らす間に様々なトラブルが出てくることはよくあります。

二世帯住宅の形を考える場合には、少しでも心配な部分があれば、プライベートな空間を多めに確保するようにしておく方が良いでしょう。

生活スタイルが親世帯と子世帯で全く異なる場合は、住み始めると思った以上にお互いに気を遣うことがあります。特に夫の実家を二世帯住宅にする場合は、長く一緒に住む中でお互いの生活空間が欲しいと感じることは多いかと思います。そのようなご家庭にはやはり分離型がお勧めの形になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。30坪の広さでも二世帯分の生活スペースは十分確保出来ることがお分かりになったでしょうか。

ですが、二世帯に限らず一度作ってしまえば作り変えはなかなか難しいでです。階数や間取りなどを互いの家族同士でよく話し合って、お互いが悔いのないよう素敵な家づくりを目指してくださいね。

 

希望の予算や条件を元にオリジナルの間取り図を無料で作成するサービスが登場です。

詳しくは↓をご覧ください!

必見
間取り図作成はここにお任せ!プロが作る【完全無料】住宅設計サービス!

  素人が間取り図を作る…結構難しいですよね。 間取り図がうまく描けない 間取りソフトは操作がわかりにくい ア ...

続きを見る

 

↓ポチっとお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

-二世帯住宅の間取り
-

Copyright© イエマドリ , 2020 All Rights Reserved.